不倫相談塾-みんなの不倫事情-

不倫相手を離婚させたい人のための相談塾

4話 プリズナー

      2014/09/01

 - CASE02【束縛ムスメ】, 探偵読物 , , ,

話題になったことばがある。主に、私と楓さんの中で、という話だが。
--おれ、牢屋にいるから(笑)
調査をしてみると<束縛ムスメ>さんの束縛はすごく控え目に言って、すごくキツかった。
「牢屋にいるから(笑)」のカッコワライが哀愁を誘う。
桐田工作員と彼氏のメールがスタートして、1週間のうち、なかなかメールは進まなかった。
なぜならば、昼間は仕事をしていて、夜帰る部屋は同棲している部屋だからだ。一緒にいるときは、メールすらあまり頻繁には打てないのである。
仕事の休憩時間か、<束縛ムスメ>さんがお風呂に入っているあいだくらいしか、メールのやり取りはできない。かつ、彼氏はいちおう雇われ店長なので、それほど仕事中の休憩が多いわけではなかった。1日のうちで1時間あるかないか。その中で、当然<束縛ムスメ>さんにも目を配らなければならない。必然的に桐田さんとのメールの数は少なくなる。ただし、限られた時間の中ではなかなかハイペースでメールは交換していたし、順当に行けば、デートまではそう遠くはなさそうだ、というのが楓さんの見立てであった。
「いい感じにはできると思うんだけどね、これだけ束縛キツいと、まあ、思うところもあるでしょ」
「<束縛ムスメ>さん、見かけによらずキツいですよね」
「大橋、あんた目がキツいとか言ってなかった?」
「いや、言いましたけど、でも、なんか全体的にはほんわりしたひとじゃないですか」
「まあ、そうかな。大橋様がそう言われるならそうなんでしょう」
「いや、ちょっと、やめてくださいよ」と私が軽口を叩いた瞬間であった。
楓さんの携帯が鳴った。「かなえちゃん」とディスプレイには表示されている。
「え? バレた?」と楓さんは電話を見ていてわかるくらい強く握った。
私はちょっとびっくりして、これは参ったことになった、とお茶を入れることにした。春子さんは午後からの来客に備え、お茶菓子を調達に出かけている。私とて、私の淹れた茶ではなく、春子さんのお茶が飲みたい。
ところで、電話は思いのほか短く終わった。私がキッチンで湯を沸かしている、という極めて微妙なタイミングで、である。
ちょっと濃すぎた感のあるお茶を楓さんの前に出すと、
「ほう、これは急須で入れたお茶に近い味だね」とひと口飲んで言った。
それなら某メーカーのペットボトルでよかったのではないか、というかこれは、下手ではあるが急須で入れたお茶である。
「なんかヤバい話ですか?」
「<束縛ムスメ>さんにバレたらしいよ」
「マジですか?」
「マジです」と楓さんはお茶をすする。「あ、やっぱちょい濃い、これ」
「すいません」と私はいちおう謝っておいた。「それで、なんでバレたんですか?」
「なんか、今日の朝、携帯見られたらしいよ」
「それはそれは……」
まさに牢屋であった。誰よ、この女! 状態である。リアルで遭遇する<束縛ムスメ>さんの彼氏には多少の同情を禁じ得ない。
「そんで、大喧嘩になって、出て行く、とかそんな話になってるみたい」
「え? あれ? なんすか、それ、成功じゃないっすか」
「まあ、完全に切れたわけじゃないでしょ。たぶんヘソ曲げただけだと思うよ。ちょっと実家帰るか、友だちの家に泊まるかして、すぐ戻るんじゃない?」
「じゃあ、工作は継続?」
「そりゃね。まあ、でも、チャンスはチャンスだから、この機会にご両親がうまくまとめてくれるといいけど……」
「なんか、最初に行ったとき、ご両親は不安要素だ、みたいなこと社長が言ってましたよ」
「だよね、あたしも注意しとけって言われた。社長のそういうの、よく当たるから、怖いんだよなー」
「どういうことなんですかね?」
「まあ、頭ごなしに傷心の<束縛ムスメ>ちゃんを否定したりすると、こじれるかも、ってこと。うまくやれば、うまくいくと思うんだけどな」
「佐賀さんには、いちおう伝えておくんですか?」
「うん、もちろん。あと、否定しちゃダメですよ、って言っておかないと」と楓さんは笑った。



離婚した既婚男性とその不倫相手女性にお話しを聞きました。

不倫相手と一緒になるために離婚した既婚男性に話を聞きました。

不倫相手を離婚させた女性に聞く。それ一体どうやったの?

公式サイトオススメコンテンツ

マキ(仮)、別れさせ屋に依頼したらしいよ。

工作員がターゲットと仲良くなるなんて本当にできるの??

彼が奥さんの話ばかりしてきます。

家庭やご主人には不満のない専業主婦の本音!

他人と連絡先を交換しない奥さんへの工作!

不倫相手を本気で略奪したいですか?

不倫相談塾には、不倫相手を略奪したい独身女性からの相談が毎日寄せられます。もし、不倫相手を本気で略奪したい方に私達の仕事をお伝えしたいと思います。



今週の人気記事

公式LINE『Fu:line塾』始めました。

あなたが一人で辛い時や悩める時に、ふっと心が楽になる言葉を公式キャラクター"いつもん"がつぶやきます。 今すぐ役立つLINEテクニックも配信中です。

不倫関係改善サポートお申し込み

不倫関係改善サポート(有料サービス)をご希望の方は下記バナーをクリックしてください。

  関連記事

no image
7話 彼氏と彼女は喫茶店で

喫茶店。 私が探偵になってから、どれくらいの回数喫茶店に入ったであろうか。 レシ …

no image
5話 晴れた日、不貞について〜続・杉原氏、独白〜その2

彼女は私がそんなでしたから、パートに出ていました。週5日、朝から夕方まで、 イベ …

no image
9話 ウィスパー・ヴォイス

「これはちがう」というセリフは、男性のターゲットからよく聞く。 鉢合わせという工 …

no image
2話 久木桂花の独白1

正直に言って、さほど好きではなかった。もちろん、付き合いたてのころは、それなりに …

no image
1話 春うららかな探偵業務【始】

私が探偵などと言う商売を選んだのは、とてもとてもひょんなことから、というよりも単 …

no image
1話 フラジール【始】

割れてしまったグラスに手を触れると、すかさず母から叱られた。 幼き私は事故の責任 …

no image
2話 夫妻の仔細

目の前にそびえ立つのは大豪邸である。すこし古いが、大豪邸である。ああ、これは名家 …

no image
8話 可能性として、喫茶店の風景

Time travels in divers paces with divers …

no image
8話 演技、上等

<依頼2ヶ月後> 私が初めて協会に<春待ち月>さんと行ったときに、うまくクラリネ …

no image
6話 小さな花に降る雨 その1

「これは、重いですね」と私は言った。 「んー、まあ、そうだな。杉原さんも<ネグレ …