不倫相談塾-みんなの不倫事情-

不倫相手を離婚させたい人のための相談塾

8話 可能性として、喫茶店の風景

      2014/09/01

 - CASE02【束縛ムスメ】, 探偵読物 , , , , , , , ,

Time travels in divers paces with divers persons.
とウィリアム・シェイクスピアは書いている。まあ、要は時間はひとによって早さがちがう、ということだ。むろん、ちょっと私の知的さをアピールしておいたほうがいいかなと思って英文を引用したにすぎない。
このくらいの知的さはアピールしておかないと、楓さんの質問攻めにより、ボロボロになった私のプライドは保てない。
すでに桐田さんも、京子さんも、<束縛ムスメ>さんも、その彼氏も席を立ったあとである。20時19分。彼氏が来てから、20分足らずだったのか、と私は思う。
「意外に、すっぱり行ったね」と楓さんは言った。
「そうですね。ぼくのプライバシーはもうライフゼロですが」
「そんな言うほどキツい質問してないでしょうが」
なるほど。あれでさほどキツくないということは、キツい質問とは、裸足で逃げ出したくなるたぐいのものであろう、と私はげんなりする。
「さて、じゃあ、帰りますか」と楓さんは席を立った。

「あ、彼氏、ついたみたい」と<束縛ムスメ>さんが言った。
「見たい見たい」と京子さんと桐田さんは声を揃えて言う。
まんざらでもない様子で、仕方ないなァ、と<束縛ムスメ>さんが言った。
そこの娘と二股かけられてますよ、あなた、と指摘してあげたくなるくらい、まんざらでもない感である。
彼氏が、あらわれる。




歩みが止まる、というのが、もうこれ以上ないくらいに的確だった。
どうしようもないくらい、明らかにそこに違和感があって、なにかを<束縛ムスメ>さんが感じるのには充分だった。
ただ、しかし、こっちはここでは止まれない。
この彼氏が、桐田かなえさんと二股状態に、「まだ、ある」、ということを<束縛ムスメ>さんに示さなければ、なんの意味もない。微妙な空気の読み合いである。胃がキリキリする。
「あんたねー、それで誕生日プレゼントまだ選んでないわけ?」と楓さんはトーンをまるで変えずに会話を続ける。
「いや、いろいろ忙しくてですね……」と私は答える。
「そんなにチャンスが多いわけでもないのだよ? 大事にしたまえ」
厳しいことばである。胃がキリキリする。
「ど、どうも」と彼氏は申し訳程度のあいさつを試みた。
が、それはふたつの意味で失敗だった。
桐田さんに間で芸をさせるチャンスを与えてしまったことと、なにより<束縛ムスメ>さんがその動揺から、ついこのあいだの彼氏の浮気と目の前の女性を繋げてしまった。
「やー、カッコいいじゃん」と京子さんが言った。
むろん、桐田さんはここぞとばかりに、微妙な表情を見せる。
「どういうことですか?」と<束縛ムスメ>さんが言った。
京子さんはよくわからないという顔をし、桐田さんは、重く黙り込んだ。
「いや、どういう……って」
「知り合い、なんですね?」と<束縛ムスメ>さんは言った。
彼氏は立ったままである。
「いや、あの……。……はい」
「え、ちょっと、どういうこと?」と京子さんは相変わらず演技を続ける。
まるで演技くさいセリフなのに、まるで演技くさくないところが、京子さんのすごいところである。
<束縛ムスメ>さんは京子さんを完全に無視した。
その様子から、たまたまだということは理解したのだろう。ただし、それとこれとは別問題である。
「ねえ、この子なんでしょ?」と<束縛ムスメ>さんは彼氏にキツい語勢で尋ねた。
「……あ、うん」
「まだ、続いてんのね?」
「……いや、その……」
いいえ、とは言えない。なぜなら、桐田さんに暴露されれば立場がより悪くなるからだ。
「すまん」と彼氏はものすごい勢いで頭を下げた。
私と楓さんはことばを止めた。仕事なので、いたたまれない感じはないのだが、本来この場面に出くわせばいたたまれないに決っている。したがって、その感じは出しておかなければならない。
ちらりと、<束縛ムスメ>さんがこちらを見た。
楓さんはちょっとお花摘みに、と席を立ち、私はそれを待っています、という体でタバコに火をつけた。
「すまんじゃないでしょ、あんた、前に言ったよね?」
「いや、それはそうなんだけど……」
それはそうならもう仕方ない。どうしようもないことくらい、本人がいちばんよくわかっている。
ただし、その後、<束縛ムスメ>さんはありとあらゆる厳しいことばを、私やトイレから帰ってきた楓さんを気にすることなく、すらすらと彼氏に投げ当て続け、彼氏はそれをじっと受け止め続け、それはふと終わった。
あまりに唐突に終わったので、放送事故かなにかかと思うくらいであった。
そして、私と楓さんはあいも変わらず会話を続行させていた。
気になってはいますけど、聞こえてませんよ、というこういう場面独特のアピールはしておかなければならない。
「もう、2度と連絡しないでください」と<束縛ムスメ>さんは、沈黙を破って言った。
強く、きっぱりと言い切った。それが「私と彼に」なのか、「私に」なのか、それでこのあとの展開は大きく変わる。
「あんたも、私に2度と連絡しないで」
ぴしゃり、と彼氏に向かって、言った。
私はそれを聞くと、楓さんと私はほんの微かにアイコンタクトした。

これで、とりあえず、工作の段階はほぼ100%理想的な終了を迎えたわけである。
だが、ここから、もうひとつ、大きな仕事が残っている。
依頼者の佐賀さんである。
傷心状態の<束縛ムスメ>さんともしここで衝突するようなことでもあれば、以前よりもさらに関係が悪化することすらありうる。よし、あんなバカ男とは別れて正解だ、さあ、いい男と見合いをしろ、とでも言わない限り、そうこじれはしないような気もするが、
「よし、あんなバカ男とは別れて正解だ、さあ、いい男と見合いをしろ」と笑顔で言ってしまう佐賀さんの姿も想像できる。
「とりあえず、いまから佐賀さんに連絡しておくから、あんたはもう帰っていいよ」
「お疲れ様でした」と私は言った。

公式サイトオススメコンテンツ

マキ(仮)、別れさせ屋に依頼したらしいよ。

工作員がターゲットと仲良くなるなんて本当にできるの??

彼が奥さんの話ばかりしてきます。

家庭やご主人には不満のない専業主婦の本音!

他人と連絡先を交換しない奥さんへの工作!

不倫相手を本気で略奪したいですか?

不倫相談塾には、不倫相手を略奪したい独身女性からの相談が毎日寄せられます。もし、不倫相手を本気で略奪したい方に私達の仕事をお伝えしたいと思います。



公式LINE『Fu:line塾』始めました。

あなたが一人で辛い時や悩める時に、ふっと心が楽になる言葉を公式キャラクター"いつもん"がつぶやきます。 今すぐ役立つLINEテクニックも配信中です。

不倫関係改善サポートお申し込み

不倫関係改善サポート(有料サービス)をご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
お申し込み後、株式会社アクアグローバルサポートよりメールにて、詳しいご案内をさせていただきます。 復縁サポートなど、弊社サービスは不倫問題を解決するサービスをご覧ください。
復縁サポートのご予約状況はフォームの下にございますカレンダーをごらんください。
グリーンはサポートをご予約可能です。
オレンジは混雑しておりますが、時間帯によってはご予約が可能です。
ピンクは終日、サポートサービスがご予約いただけません。

Loading...
<< Previous | Next >>
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31  

ニックネーム(必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性 女性

年齢(必須)
 20代 30代 40代 50代以上

ご希望サービス(必須)

ご希望日時

状況・ご希望・経緯

  関連記事

no image
5話 マズい事情、マズい自乗

「大橋ー、こっち」と楓さんはすでに改札前で待っていた。「遅れるなよ」 「いやー、 …

no image
1話 カッコよく言えば、同時性と宇宙の話【新】

子どものころ、宇宙のことを想像するだんになると、眠れなくなることがよくあった。 …

no image
2話 彼女はかく語りき

私がめでたくこの飯田橋駅前探偵事務所に採用されて、2週間後、社長から電話で呼び出 …

no image
16話 夢をみるか、夢に見られるか【終】

私が飯田橋探偵事務所に入って、依頼を完全な成功にできなかったのは、これが初めての …

no image
2話 道を外す

いするぎさんが、<シュガースポット>さんと出会ったのは、職場だった。 いするぎさ …

no image
4話 仙台でのこと1

仙台へ行くために上野から新幹線に乗る。埼玉生まれの埼玉育ち、生粋の埼玉っ子である …

no image
1話 たとえば、たとえにくいたとえ話【新】

私は、2件の依頼を持田さんと担当していた。 1件はやることが明確に見え、なんとか …

no image
12話 シャボンの泡

  おかしい。 カラオケボックスでは、言い訳ばかりを続けるギタリストが …

no image
5話 晴れた日、不貞について〜続・杉原氏、独白〜その2

彼女は私がそんなでしたから、パートに出ていました。週5日、朝から夕方まで、 イベ …

no image
7話 シカクはシタゴコロ

極めて順調に、ほんとうに、ただ極めて順調にものごとは進んで行った。 京子さんはあ …