不倫相談塾-みんなの不倫事情-

不倫相手を離婚させたい人のための相談塾

5話 仙台でのこと2

      2014/09/01

 - CASE01【桜色仙台城】, 探偵読物 , , ,

仙台駅で新幹線を降り、ローカル線に乗り換え、とある駅についた。タクシーが2台。あとは「軽食・喫茶らぽーと」なる喫茶店があるだけである。看板が一部欠けているが、とりあえず他に店がないので、私と持田さんはそのらぽーとへ入った。
「いらっしゃいませー」とおばさんの店員が迎え入れてくれた。
私たちの他に客はいない。コーヒーをふたつ頼んだ。
「ここまで来れれば、今日のミッションはクリアだな」と持田さんはわりあい早く出てきたコーヒーをすすりながら言った。
「うまく行くんですかね?」
「まあ、岬京子はベテランだし、そのへんはうまいからだいじょうぶだろ」
それから、私と持田さんは30分ほどくだらない話をして、手配しておいた車を借りに行った。
「おまえ、運転は?」
「ペーパーです、すいません」
「じゃあ、これ、キーね」
「え?」
「いや、だから、キー」
「ですから、ペーパーですって」
「ということは免許を持っている、ということだろう」
たしかに、それは正しい。
「いや、まあ、そのやれというなら、やりますが、いいんですね?」
「ああ」と持田さんは言った。「車も少ないし、だいじょうぶだろ」
これはむしろ、私のほうが私の運転に怯えている。
クラッチはどれだっけ、いや、これはオートマか、なんだ、むしろ、キーは右か、左にひねる、いや、これはハザード? というかむしろワイパー動いたけどそれは私の狙いではない、というか、アクセルこんなに重かったか、どうなんだ、ウインカーって、これタイミングはあっているのか、むしろ、ここでクッ! っと、クッ! とハンドルを入れてうわああああああああああああああああああ、ともはや持田さんのことばを1デシベルすら聞かず、持田さんのことを1ピクセルすら見ずに、なんとかかんとか運転という名の実験かつギャンブルをしながら、ものすごく長い時間をかけて、ようやく、目的地付近です、という天使の福音にも似たカーナビの音を聞いた。
「おお、ついたじゃん」とさらりと持田さんが言った。「まあ、運転多いから、慣れておくといい」
顔色ひとつ変えていない。むしろ、私のほうが顔色が悪い。
ちょうど、電話が入る。持田さんがすぐに出ると、あと10分そこそこでそっちにターゲットが着きますんで、そのすぐあとに我々も入ります、と声が漏れてきた。なかなかデカイ声である。
「いまの、男性工作員さんですか?」
「そうだ。そろそろ<桜色仙台城>が来るから、あの喫煙所で眺めるか」と持田さんは言って、私と持田さんはタバコを吸った。
私はタバコを吸いながら、これから起こることをファイルから想起した。
なるほど、そんなことが起こるのか、起こりうるのか、という極めて半信半疑な状態であったのは事実だが、見事に現実がそれに追いついてくる。その時間はじつに不思議であった。
予定どおりに<桜色仙台城>氏が車を止めた、その瞬間だった。
わりとすごいスピードで、その<桜色仙台城>氏の車の前に、1台の車が止まる。車に詳しくはないが、それなりに高そうな、白い車である。
「コラ、テメエ、降りろ!」と怒号が閑散とした駐車場に響き渡る。
「ちょっと、離してってば」と女性が車から降ろされる。
「うるせえ、バカ野朗!」と男は女性を降ろすとまた車に乗り込んで、さっさとドアを閉め、走り去る。
彼女は大きなバッグを抱えて、所在無さげにしている。
駅までは5kmといったところで、タクシーどころか車の通りがまばらな有様である。
さて、これを目の前で見せられた<桜色仙台城>氏が、とりあえず車から降り、店内に行こうとおそるおそるその歩みを進めた瞬間である。
「あのぉ」と困り果てた様子で彼女が<桜色仙台城>氏に語りかける。
むろん、この女性は工作員としてファイルに乗っていた、岬京子そのひとだった。
遠いため、話はよく聞こえないが、<桜色仙台城>氏の「頼まれたらノーとは言えない性格」を狙ったプランである。
「目を合わせるなよ、こっちに飛び火したら大失敗だからな」と持田さんが涼しい顔でタバコを吸いながら言った。
岬京子と<桜色仙台城>氏の話していた時間は3、4分である。そのあいだ助けを求めるように<桜色仙台城>氏はこちらを何度か見たが、私と持田さんはまるで関心がないかのように、その視線を無視する。
仕方ない、というように、いや、そこまで強い意志も<桜色仙台城>氏にあったかすら怪しいが、彼は岬京子を自分の車に乗せた。
「な、うまくいっただろ」
「どんな話したんですかね」
「まあ、そのへんは岬京子はプロだから、うまくやる。そういう細部がうまくできるか否かが、いい工作員とそうでない工作員のちがいだよ」
私にはとても工作員はできそうにないとそのときは思ったが、このあとそう遠くなく私も工作をすることになった。とはいえ、それはまた別の話である。

離婚した既婚男性とその不倫相手女性にお話しを聞きました。

不倫相手と一緒になるために離婚した既婚男性に話を聞きました。

不倫相手を離婚させた女性に聞く。それ一体どうやったの?

公式サイトオススメコンテンツ

マキ(仮)、別れさせ屋に依頼したらしいよ。

工作員がターゲットと仲良くなるなんて本当にできるの??

彼が奥さんの話ばかりしてきます。

家庭やご主人には不満のない専業主婦の本音!

他人と連絡先を交換しない奥さんへの工作!

不倫相手を本気で略奪したいですか?

不倫相談塾には、不倫相手を略奪したい独身女性からの相談が毎日寄せられます。もし、不倫相手を本気で略奪したい方に私達の仕事をお伝えしたいと思います。



今週の人気記事

公式LINE『Fu:line塾』始めました。

あなたが一人で辛い時や悩める時に、ふっと心が楽になる言葉を公式キャラクター"いつもん"がつぶやきます。 今すぐ役立つLINEテクニックも配信中です。

不倫関係改善サポートお申し込み

不倫関係改善サポート(有料サービス)をご希望の方は下記バナーをクリックしてください。

  関連記事

no image
10話 かたち【終】

4人で話し合う前に、いするぎさんは<シュガースポット>との関係に諦めをつけていた …

no image
2話 いいひと

持田さんは待ち合わせに3分、立花さんは7分遅刻した。 「すみません、逆の出口に出 …

no image
5話 ご無用

諏訪さんの新しい彼氏はお世辞にもいい男ではなかった。 いつ洗濯したかも定かではな …

no image
3話 娘とカレシ。

<束縛ムスメ>さんは、可愛らしい女性だった。22歳だと言うが、ひょっとしたら10 …

no image
2話 昼下がりのライトな勧誘

<依頼1ヶ月半後> その日、私はよくわからない話を、よくわからないが興味だけはあ …

no image
11話 深夜のファミレスで夢を語り、真昼のカラオケボックスで殴られる

  ギタリスト(25)と京子さんの距離は急速に縮まっていった。のぞき坂 …

no image
9話 ANY

  正直者はバカを見る、ということばがある。これは大変に興味深く、絶望 …

no image
1話 果実は熟れる【始】

非常に、ラジカルな話題になる、というよりもむしろ、私が他人に嬉々として語ってしま …

no image
9話 カタブツ名家の束縛ムスメ【終】

私は事務所のベランダで持田さんとタバコを吸っていた。楓さんは別件で今日は事務所に …

no image
5話 マズい事情、マズい自乗

「大橋ー、こっち」と楓さんはすでに改札前で待っていた。「遅れるなよ」 「いやー、 …