不倫相談塾-みんなの不倫事情-

不倫相手を離婚させたい人のための相談塾

1話 依頼は失敗することもある【始】

      2014/09/01

 - CASE10【ノーマライズワンダーランド】, 探偵読物 , ,

私のような者に言われたところでそよ風ひとつぶんすらも揺られはしないと、そう言われるのは覚悟の上であるが、あえて言おう。

しあわせな結末ばかりがしあわせではない。

私は探偵という職についてから、飛びきり長くはないが、それなりに長い時間はたっている。

そのままショウケースに飾りたいくらいキレイに収まった仕事もあれば、どうしてこんなになってしまったのかと、奥田民生の歌のように部屋の隅でうずくまりたくなるような仕事とてあった。

飯田橋駅前探偵事務所に依頼される仕事は、体感では7、8割が解決する。私が手がけている仕事以外について詳しいわけではないので、あくまで体感の話だが。

これは言い換えれば、2、3割は依頼者さんの望み通りの解決はしていない、ということだ。こちらから「もう打つ手がない」というような状況には私の知るかぎりではいちども陥っていないが、依頼者さんの金銭面や、時間には限りがある。

したがって、タイムアップはどの依頼にも存在すると言うことだ。

あるいは、「冷める」。

これはじつはことのほか多い。あれだけ熱心に執着していたものが、ある日突然どうでもよくなる。これは言って理解できるひとと、まったくわからないというひとに二分されるが、まったくわからないひとにとっては、まったくわからないままである。

ちなみに私もさっぱりわからない派である。

大事なものは大事だし、大事でないものは大事ではない。なんらかの理由があれば理解できるのだが、それがある日突然、などと言われてもいまいち信憑性に欠ける。

信憑性に欠けはするが、これはもはやあることは確からしいとしか言いようがない。

とにかく、金銭および時間的都合か、冷めるかして、成功していない依頼というのは終わるわけである。

日々溢れかえる洪水のごとき依頼を右へ左へと捌き、たまに失敗しては膝を抱え、思い切りうまくいけば酒を持田さんか社長におごってもらう。
だいたいそんな感じで私の周りの世界は回っている。

ひとつだけ誤解が多そうなので、言っておかなければならないことがある。

失敗した依頼は、イコールで不幸な依頼者さんが出来上がったということではない。

「成功して褒められるのは当たり前。失敗してなお、褒められるような探偵であれ」とは社長のことばだが、依頼が失敗したことが100%依頼者さんの不幸にならないようにすることも、仕事である。

という前置きをしたからには、私がいまから語る話の結末は依頼が失敗したということをほのめかしているようではあるが、まあ、結論だけ述べるのも味気がないので、失敗したかもしれないし、成功したかもしれないという曖昧なことばでここを濁す。つまり、なにも言っていないに等しいわけである。依頼は成功か失敗か実行中のどれかしかないわけであるから、実行中ではないが失敗か成功かはここでは語らないと言えば、それはもうなにか語ったうちには入らぬであろう。

ただし、結論に対して、綺麗事は述べるということだけは確定的に明らかである。

綺麗事を述べるつもりはさらさらないが、いや、綺麗事を述べるつもりで述べるのだから、さらさらないわけがないのであるが、語ったことが結果的に綺麗事であることもある。そういう話だ。

つまりもはや自身でもなにが述べたいのかわからないくらい話の枕をこねくり回しているわけである。こうなったら、話の枕で枕営業ができはしまいか。じつにクリーンな枕営業だ。


離婚した既婚男性とその不倫相手女性にお話しを聞きました。

不倫相手と一緒になるために離婚した既婚男性に話を聞きました。

不倫相手を離婚させた女性に聞く。それ一体どうやったの?

公式サイトオススメコンテンツ

マキ(仮)、別れさせ屋に依頼したらしいよ。

工作員がターゲットと仲良くなるなんて本当にできるの??

彼が奥さんの話ばかりしてきます。

家庭やご主人には不満のない専業主婦の本音!

他人と連絡先を交換しない奥さんへの工作!

不倫相手を本気で略奪したいですか?

不倫相談塾には、不倫相手を略奪したい独身女性からの相談が毎日寄せられます。もし、不倫相手を本気で略奪したい方に私達の仕事をお伝えしたいと思います。



今週の人気記事

公式LINE『Fu:line塾』始めました。

あなたが一人で辛い時や悩める時に、ふっと心が楽になる言葉を公式キャラクター"いつもん"がつぶやきます。 今すぐ役立つLINEテクニックも配信中です。

不倫関係改善サポートお申し込み

不倫関係改善サポート(有料サービス)をご希望の方は下記バナーをクリックしてください。

  関連記事

no image
7話 シカクはシタゴコロ

極めて順調に、ほんとうに、ただ極めて順調にものごとは進んで行った。 京子さんはあ …

no image
10話 アル晴レタ日ノコト【終】

彼女は髪を切った。 失恋して髪を切るとはじつに昭和の香りのする行為であると思う輩 …

no image
7話 仙台城址事変

桜は庭を汚しますからなあ。川端康成だったか、三島由紀夫だったかのエッセイでそんな …

no image
1話 カッコよく言えば、同時性と宇宙の話【新】

子どものころ、宇宙のことを想像するだんになると、眠れなくなることがよくあった。 …

no image
1話 フラジール【始】

割れてしまったグラスに手を触れると、すかさず母から叱られた。 幼き私は事故の責任 …

no image
6話 老いて学ぶこともある

足りないものがあるとき、それをどうするかによって人間の真価というのは問われるもの …

no image
11話 待ち切れない女

<依頼3ヶ月半後> そして、私はとある日曜日、<春待ち月>さんと「暮れなずむ街に …

no image
2話 彼女はかく語りき

私がめでたくこの飯田橋駅前探偵事務所に採用されて、2週間後、社長から電話で呼び出 …

no image
2話 道を外す

いするぎさんが、<シュガースポット>さんと出会ったのは、職場だった。 いするぎさ …

no image
12話 シャボンの泡

  おかしい。 カラオケボックスでは、言い訳ばかりを続けるギタリストが …