不倫相談塾-みんなの不倫事情-

不倫相手を離婚させたい人のための相談塾

5話 ご無用

      2014/09/01

 - CASE10【ノーマライズワンダーランド】, 探偵読物 , , , , ,

諏訪さんの新しい彼氏はお世辞にもいい男ではなかった。

いつ洗濯したかも定かではない背広に、袖口の若干ほつれたコートを着て、不動産営業マンとしてそこかしこを駆け回っていた。

成約をどんどん取ってくるというタイプにも見えなかったが、勤続年数はそれなりだったので、ある程度は営業としてのスキルがあるのだろう。

温和な表情と朴訥としたしゃべり方から、好感は持てたがそれだけだった。いいひとだが、いいひと以上ではない。そんなタイプだった。

戦わなければいいと稲作を始めることすらせずに、のんびりと母なる海で釣りをはじめてしまいそうな男だった。

「2択があるとしましょう。おとなしい方と、激しい方です。どっちを選びますか?」と私が持田さんに訊いたら、「激しい方。その方がおもしろい」というまことに中年男性らしい答えが帰ってきた。

つまり、諏訪さんのいまの彼氏が女性であったとしても、持田さんが選ぶことはないわけである。

ちなみに、不用意に持田さんを中年男性扱いしただけで、この会話自体にあまり意味はない。

おとなしい諏訪さんの彼氏の存在を門田さんに告げたとき、門田さんははっきりと落胆した。

「やっぱりそうですよね」と彼は言った。

「ただ、あまりうまくいっている気配もなかったですけどね。諏訪さんはひとり暮らしだったのにホテルでしたし、2週間で会ったのはおそらくその1回だけですし」

「相手の方は妻子あったりするんですか?」

「いいカンですね」と私は言った。「いや、すいません、嘘です。独身です。こっちは諏訪さんよりもさらにカンタンに調査できました」

「ちょっと、大橋さん。やめてくださいよ」と門田さんは笑った。「でも、なんでホテルだったんですかね?」

「門田さんとのときには、そういうことは?」

「どうでしょうか。学生時代にはたまにあったような気もしますけど……」

まあ、ホテルくらい入るだろう、と言ってみてもいいが、ひとり暮らしの付き合っている男女が、ホテルにいっしょに入ることはそれほど多くはない。
多くはないというよりかは、使う派と使わない派にきれいに分かれるといった方がいいかもしれない。

彼女とそのいまの彼が入ったホテルはそれほどキレイでもなく、お互いの自宅からさして離れてもいない。かつ2時間程度で出てきたふたりは、食事をしてあっさりと別々の部屋に帰った。

門田さんのいうように不倫すら疑うぎこちなさだった。

いまの彼氏は別れ際に少々苦い表情をしていたような気さえする。


離婚した既婚男性とその不倫相手女性にお話しを聞きました。

不倫相手と一緒になるために離婚した既婚男性に話を聞きました。

不倫相手を離婚させた女性に聞く。それ一体どうやったの?

公式サイトオススメコンテンツ

マキ(仮)、別れさせ屋に依頼したらしいよ。

工作員がターゲットと仲良くなるなんて本当にできるの??

彼が奥さんの話ばかりしてきます。

家庭やご主人には不満のない専業主婦の本音!

他人と連絡先を交換しない奥さんへの工作!

不倫相手を本気で略奪したいですか?

不倫相談塾には、不倫相手を略奪したい独身女性からの相談が毎日寄せられます。もし、不倫相手を本気で略奪したい方に私達の仕事をお伝えしたいと思います。



今週の人気記事

公式LINE『Fu:line塾』始めました。

あなたが一人で辛い時や悩める時に、ふっと心が楽になる言葉を公式キャラクター"いつもん"がつぶやきます。 今すぐ役立つLINEテクニックも配信中です。

不倫関係改善サポートお申し込み

不倫関係改善サポート(有料サービス)をご希望の方は下記バナーをクリックしてください。

  関連記事

no image
6話 魔術師

デートの回数を重ねることや、電話でのやり取りはできるものの、さすがに彼氏は<束縛 …

no image
4話 晴れた日、不貞について〜続・杉原氏、独白〜その1

私がそうやって、引きこもっているあいだ、妻はそんな私を見捨てもせず、必死に支えて …

no image
2話 アメノヒ、ゴゴ 〜杉原氏、独白〜その1

ひょっとしたら、いまでも、私の名前を覚えている生徒もいるかもしれません。 いや、 …

no image
3話 久木桂花の独白2

  毎日電話ルールが守られたのは、およそ2週間くらいであった。交互に電 …

no image
1話 たとえば、たとえにくいたとえ話【新】

私は、2件の依頼を持田さんと担当していた。 1件はやることが明確に見え、なんとか …

no image
4話 夜をうまく過ごすために

  <依頼2ヶ月後> そして、勧誘を受けた3週間後、<春待ち月>さんは …

no image
2話 彼氏と彼女の情事

本案件の依頼者についてさきに紹介する。 依頼者は門田哲明氏である。当時25歳。彼 …

no image
5話 決戦は日曜日

<ラミエル・ボーイ>氏は、完全なるオタクであった。かつ、粘着質だった。ヘタをすれ …

no image
1話 土曜のバベル【始】

6月。 うだるような暑さではないが、しかし、やはり暑いものは暑い。スーツに身を包 …

no image
8話 煮え切らない男

私がその日、事務所に足を運んだのは、翌日、話の聞き取りと調査を兼ねて、依頼者の自 …