不倫相談塾-みんなの不倫事情-

不倫相手を離婚させたい人のための相談塾

10話 アル晴レタ日ノコト【終】

      2014/09/01

 - CASE10【ノーマライズワンダーランド】, 探偵読物 , , , ,

彼女は髪を切った。

失恋して髪を切るとはじつに昭和の香りのする行為であると思う輩も大量発生するだろうが、それはそれである。

そもそも失恋したら髪を切るという風習は、平安時代末期にまで遡る。畿内で権力を微かにふるっていた大橋の氏長者、大橋長親という人物がいた。その大橋長親の娘が身分違いの恋を長親に咎められ、髪を切って出家したという逸話から失恋したら髪を切るという話が生まれたわけであるから、昭和の香りではなく平安の香りというべきである。

もちろん、上記の知識は嘘である。大橋家が貴族なら、私はずっとニートでよかったからである。じつのところ、失恋で髪を切るという由来はまったく知らない。

さて、髪を切った彼女と、彼女と別れた彼氏は

「またいつか会ったら、付き合おう」

「お互いにもうちょっとおとなになって、フリーだったらね」

などという徹夜明けの空気を出しながら別れた。午後9時ごろで、徹夜どころかまだ日付を越えていなかったが、それでもなんだかさわやかで気だるい空気だけは出していた。

決して喧嘩別れではなかった。

けれど、おそらくその「またいつか」は訪れなさそうな、空気であった。

もちろん、門田さんは再度復縁の依頼をしようとは考えていなかった。まるで。微塵も。

「いちおう、ご報告だけ、と思いまして。後悔はしてませんし、彼女ともう1度付き合えてよかったです。あのままだったら、悔いが残りましたから」と門田さんは電話口で言った。

さて、ここでひとまず、私の話は終えることにする。

もちろん、私の探偵業というのは現在も続いているし、話すことも溢れているわけではあるが、なにごとにも区切りというやつは必要である。

終わらないものがたりはないし、止まない雨もないし、明けない夜もない。

と言っておけば、きっと大橋ファンは増え続け、結果、評価はうなぎのぼり。給料もボーナスも大幅増で、彼女に稼ぎが少ないと怒られる心配はまったくなくなるわけである。いや、いまとて彼女に稼ぎが少ないと責められているわけではない。なかなかによくできたひとである。

ちなみに、これは自慢かのろけのたぐいである。

とりあえず、ここでいったん私の話はひとまずお休みだ。

いずれまた私の話もできるときがくるかもしれないし、社長や持田さんのドギツイ昔話を語ってみるのも面白いかもしれない。

うまくいった依頼もあるし、うまくいかなかった依頼もある。

結婚して、子どもが生まれて、しあわせになったカップルもいれば、別れを最終的に選んだカップルもいる。

本人が納得してさえいれば、それがいちばんいいかたちなのだ。

飯田橋駅前探偵事務所にはそういった興味深い話が満ちている。



離婚した既婚男性とその不倫相手女性にお話しを聞きました。

不倫相手と一緒になるために離婚した既婚男性に話を聞きました。

不倫相手を離婚させた女性に聞く。それ一体どうやったの?

公式サイトオススメコンテンツ

マキ(仮)、別れさせ屋に依頼したらしいよ。

工作員がターゲットと仲良くなるなんて本当にできるの??

彼が奥さんの話ばかりしてきます。

家庭やご主人には不満のない専業主婦の本音!

他人と連絡先を交換しない奥さんへの工作!

不倫相手を本気で略奪したいですか?

不倫相談塾には、不倫相手を略奪したい独身女性からの相談が毎日寄せられます。もし、不倫相手を本気で略奪したい方に私達の仕事をお伝えしたいと思います。



今週の人気記事

公式LINE『Fu:line塾』始めました。

あなたが一人で辛い時や悩める時に、ふっと心が楽になる言葉を公式キャラクター"いつもん"がつぶやきます。 今すぐ役立つLINEテクニックも配信中です。

不倫関係改善サポートお申し込み

不倫関係改善サポート(有料サービス)をご希望の方は下記バナーをクリックしてください。

  関連記事

no image
4話 夜をうまく過ごすために

  <依頼2ヶ月後> そして、勧誘を受けた3週間後、<春待ち月>さんは …

no image
12話 バスを待ちながら大路の春を【終】

  いいことか、悪いことか。 鉄人28号は操る者によってその力を悪にで …

no image
1話 午前からスパゲティを茹でるような男【始】

<依頼3ヶ月半後> 空飛ぶスパゲッティモンスター教をご存知だろうか。 と尋ねてお …

no image
5話 晴れた日、不貞について〜続・杉原氏、独白〜その2

彼女は私がそんなでしたから、パートに出ていました。週5日、朝から夕方まで、 イベ …

no image
2話 車社会ノ呑ミノ事情

本来、鬼の名である「酒呑童子」と対象の女性を呼ぶのは多少抵抗があるが、まあ、その …

no image
3話 アメノヒ、ゴゴ 〜杉原氏、独白〜その2

 その日のことは、毎日思い出します。 雨の日で……日曜日で……。 ちょうど妻が同 …

no image
3話 四十の手習い、七十のおつかい

<毎日が誕生日>氏は必ず塚原さんの言うことを聞いてくれることがある。 それは買い …

no image
2話 夫妻の仔細

目の前にそびえ立つのは大豪邸である。すこし古いが、大豪邸である。ああ、これは名家 …

no image
6話 その名に恥じぬ

「いや、あいつね」と<酒呑童子>さんは言った。「変態なんだよね」 ありていに言っ …

no image
3話 金曜日の不誠実たち

3年前に不倫を始めたいするぎさんと<シュガースポット>さんだったが、2年半ほどは …