不倫相談塾-みんなの不倫事情-

不倫相手を離婚させたい人のための相談塾

オンナが語る「不倫の本音」

こんにちは、別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。
アクアには恋愛の悩みを解決するエキスパートが揃っていますが、女性スタッフは特に恋愛経験が豊富です。

アクアの女性スタッフに不倫についてざっくばらんに話してもらいました。
皆さんの不倫の悩みの参考になれば幸いです。

オンナが語る「不倫の本音」

ーさぁ今日は、皆さんの恋愛経験について包み隠さず語ってもらいますよ!

河合(※お別れトラップのエージェントも混ざっているため、名前は仮名です。)
「放送コードぎりぎりまで攻めます。(笑)」
後藤「そんな攻めた不倫してたんだ。」
河合「する恋愛全部不倫の時期があったからね。」

ー皆さんの話はおいおい聞くとして。今どんな不倫の相談が多いですか?

後藤「一番多いのは、彼が離婚してくれませんっていう相談だよね。」
柳井「ダントツで一番多いですよね。初めは割り切ってたはずなのにっていう。」
島村「相談者さんからそのセリフはよく聞きますよね!」
後藤「最初から結婚前提で付き合っている人なんかいないからね。何度もセックスすると本気になりやすいよね。」
河合「確かに、男の人の気持ちって一定なことが多いけど、女の人の気持ちは後からどんどん伸びてくるイメージがあるね。」

ーそういう相談者さんには何を話すんですか?

柳井「まずは相手に対してどんな感情なのか、どんな付き合いをしているのか詳しく聞きますね。」
河合「その上で、思ったことを正直に話すようにしてる。」
柳井「河合さんは本当にはっきりいいますよね。」
河合「うん、本人じゃ気づけないことを言葉にするのが私たちの役目だからね。オブラートに包んでも意味ないし。でもそれで相談者さんに腹を立てられたっていうこともないけど。」
後藤「他の会社は相談受けたら『なんとかお客さんになってもらおう』というスタンスで話すかもしれないけど、それは一切ないよね。」
河合「本音で話さないと、この相談者さんをなんとか幸せにしたいと思えないから。相談者さんも私を信用できないだろうし。」
島村「私も相手の男に騙されてるなという場合は『その彼、口だけで離婚する気ないですよ』と率直に言います。それでも、なんとか結婚したいという場合はそこから方法を一緒に考えていきます。」

ー皆さんはっきりと言うんですね。

後藤「やっぱり、相談者さんが自分自身を客観的に見ることは難しいから、私たちが代わりにしっかり伝えないと。恋愛をしている気持ちは否定しないけど、今置かれている状況はシビアに理解しないと先に進めないから。」

ーなるほど、論理的ですね。皆さんが働くアクアってどんな会社なんですか?

河合「さっきも話に出てきたけど、商売っ気っていうよりお客さんに本気で向き合う会社かなぁ。」
島村「私が入って一番日が浅いですけど、本当に熱い会社だなと思いましたよ。熱いというより、暑苦しい・・・?(笑)」
後藤「確かに定例会議とか本当に暑苦しいよね。

ーそれってみんなアクアに入ってから変わっていくんですか?

後藤「会社にいる中で、変わる部分ももちろんあるけど、基本は元々の在り方だと思うなぁ。お客さんに対して真剣なスタンスの人が自然と残っているというか。」
河合「みんな議論するの好きだよね。(笑)このケースだったらこうしたほうがいい、ああしたほうがいいっていつも話し合っているイメージ。」

ー同じような人たちが多いということですか?

柳井「本質的に考えていることは同じだと思いますが、人間的なカラーは様々ですよ!だから相談者さんによってどのスタッフが担当するかもしっかり考えますしね。」
島村「相談者さんの面談のスタイルも人によって全く違いますしね。」

ー面談でどんな話をするのか一度聞いてみたいです!ではそろそろ、皆さんの不倫事情に踏み込んでいきたいと思います!皆さん、不倫経験は?

後藤「(見回して・・・)全員ありますね。(笑)」
河合「私は20代の時がっつりハマったなあ。(遠い目)」

ー皆さんは不倫のお話を聞かせてください。

河合「20代前半で結婚して子供もいる男性を好きになっちゃった。」
後藤「相手の離婚は望んでなかったの?」
河合「どうだったかなぁ?どっかでは望んでたかもしれないけど、相手に言ったことはないかな。私は結構我慢強かったんだよね。後藤さんは?」
後藤「私の場合は、相手が結婚生活を全く見せなかったから、不倫しているっているリアリティがなかったかな。相手は別居中だったしね。」
柳井「どういうきっかけで不倫をやめたんですか?」
後藤「やっぱりどこまでいっても “相手の人生の中に私はいない”ということに耐えられなくなったの。だってもし彼が突然亡くなったとしても私はずっと知らないままでしょ?」
河合「ふと連絡が来なくなってそれで終わりだよね。」

ー確かにそれは不倫の辛い面ですね!相手の奥さんや子供と接した経験は?

島村「私の場合は、相手の家族がすごく見えてた。デートする度に奥さんや子供から電話があったから。」
後藤「それ絶対奥さんは不倫に気がついているよね。」
島村「ですよね。それで電話が来ると『もう帰るよ〜』って感じで。その顔と声なに!?みたいな。(笑)」
柳井「お父さんの顔になってたんだ。(笑)」
島村「そう。その度にこんな恋愛やめようって思いながらもやめられないみたいな。」

ー奥さんの鋭い感が電話をさせたのかもしれないですね。他に不倫がばれた方はいますか?

河合「私はばれた経験あるよ。その彼には自分から電話しちゃいけないルールだったの。ワン切りで切るみたいな。」
後藤「それで電話しちゃったんだ。」
河合「そう。ある夜電話しちゃったの。そしたら運悪く奥さんが電話に出て、「あんた、なに?」って。」
島村「それはきついですねぇ!修羅場!」
河合「え、ちょっと分かんないです。とかよく分からないこと言って切っちゃった。そのあと彼から連絡あって『もう、ちょっと厳しい』って振られちゃったんだよね。その後くらいに奥さんのブログ見たら、幸せですアピールをすごいしてて・・・毎日見てた。(笑)」
後藤「ブログとか見ちゃうよね〜。」
河合「その当時だったらブログだけど、今だったらfacebook、instaとか色々あるから全部チェックしちゃうだろうね。お客さんも大抵奥さんのアカウント知ってるしね。」
島村「お客さんの『見たくないけど見ちゃう』っていう気持ちすごい分かりますよね。」

ーみなさんあらゆる経験してますね。(笑)不倫の問題を解決するノウハウを知った今、当時の不倫を上手く生かせることはできますか?

河合「ノウハウも経験も得てるんだけど、自分だと使いこなせないきがする。友達の不倫は解決できる自信あるけど、自分に対してはできないよね。」
後藤「うん、恥ずかしい話、自分のことになると感情が入ってコントロールできないと思う。だからこそ、依頼に来て欲しいって思うんだろうね。
自分を客観的に制御することって難しいから。」
柳井「私なんか自分の恋愛については中学生から成長止まってますよ!お客さんの不倫の悩みは、解決しますけどね!」

自分の恋愛は成長しないけど依頼になるとプロフェッショナルなアクアの女性スタッフでした。
アクアの雰囲気について少しは伝わったのではないかと思います。
皆さんのご相談をお待ちしております!

『不倫相談塾』運営会社紹介

株式会社アクアグローバルサポート
PC専用サイトはこちらhttp://voiceofdance.com/
スマホ専用サイトはこちらhttp://www.wakare-aqa.jp/

が運営しております。

これまでの経験に基づいた記事を作成しておりますが、
一部コンテンツにおいては、プライバシーに配慮して内容を改変しております。
あらかじめご了承ください。

株式会社アクアグローバルサポート
PC専用サイトはこちらhttp://voiceofdance.com/
スマホ専用サイトはこちらhttp://www.wakare-aqa.jp/

代表取締役:藤木 仁

公開日:
最終更新日:2016/04/24