遠距離恋愛の彼との連絡は、繋がりを保つためにとってはいけない。

2018年9月18日

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。
最近、不倫相手の彼と遠距離恋愛している女性から相談がありました。

その相談はまとめるとこんな内容です。

彼との関係性は悪いものではない。距離が離れている不安から、彼との繋がりが多ければ多いほうがいいと思っていた。
それで、毎日連絡をとっていたけど、不倫相談塾を読んでこのままでいいのか不安になった。

連絡頻度は、二人の関係に大きく左右しない。

この方だけではなく、彼との連絡頻度=彼との関係性と思っていらっしゃる方は少なくありません。
まずはこの認識を変えていただきたいと思っています。

連絡頻度を増やしたから関係がよくなるわけでも、減らしたから悪くなるわけでもありません。

ですから、彼との繋がりを保つために、連絡を取ると言う考え方をまずやめましょう。
確かに、遠距離恋愛の場合、余計に彼との繋がりを保ちたいと言う気持ちが湧いてくるのは痛いほど分かります。

でも、次の質問に即答できない場合は、やはり彼との連絡の取り方を考え直した方がいいかもしれません。

彼と毎日連絡をとっていて”とても楽しい”ですか?

もし、「毎日彼との連絡がとても楽しい」と即答できる場合は、今の連絡頻度もそんなに問題ではないでしょう。
(今後を考えると、少しセーブすることも大事ですが。)

もし、「楽しいかなあ?」と少し考えてしまったり、「どちらかというと楽しいというより安心かも」と思った方は彼との連絡頻度を見直す必要があります。
なぜなら、(最低限の必要なやりとりを除いて)彼とのやりとりは楽しいものであるべきだからです。

楽しさは感じられてないけど、不安だからLINEしてしまう、なんとなく続けてしまう。
その関係性を続けても、プラスに働きません。

つまり結論としては、

お互いが楽しい・幸せと思える連絡のやりとりのみが、二人の関係を縮める

と言うことなのです。

それが2日に1回なのか、週に1回なのか、その頻度は二人によって変わってきます。
何度も言いますが、その頻度が多いわけではなく、やりとりが二人にとって満たされるものであることが大切です。

男性は、メールやLINEではそっけないもの

冒頭でご紹介した相談者さんと別の方でこう言う悩みを持っている方がいました。

遠距離恋愛している彼と2ヶ月に1回会います。会った時は、彼もとても楽しそうにしてくれるのに、離れた後彼にその余韻がないのが嫌です。自分はその後もその思い出を噛みしめているのに。温度差があるのでしょうか。

これも女性が男性のことを勘違いしているのですが、

基本的に男性はメールやLINEではそっけないもの

です。
中には、絵文字を多用する方もいるかもしれませんが、メールやLINEはあくまで連絡手段を捉えている男性が多いものです。
だから、男性は会った時の余韻を引きづらない訳ではなくて、メールやLINEでそのことを表現しないだけなのです。
それを勘違いして、不安から連絡頻度を上げてしまうと彼が負担に感じてしまいます。

遠距離恋愛で大事なことをまとめます。

会ったり、電話したり、LINEすることを全て楽しむために行うこと。相手の気持ちを確認する手段として彼と接すると関係は上手くいかなくなってしまう。そして、男性と女性では愛情表現や相手に対する感謝の表現の仕方に差があるから、相手の反応を意識しすぎないこと。

細かいことは気にせず、あなた自身が楽しむ。
ある種の鈍感力が、遠距離恋愛には大切だと言うことです。

不倫相談塾スタッフに電話で相談できるサービス『アンサーズ』

あなたの不倫×別れさせ工作。その成功率やいかに。