誰にも言えないけど、彼と奥さんを離婚させたい。

2016年9月1日

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。
当サイトには不倫している独身女性からのご相談が寄せられます。

・どうすれば彼の興味をひきつけることげできますか?
・私はどうすればいいでしょうか?
など不倫関係を今後どうしていったらいいかという相談が多い中で、彼と奥さんを離婚させたいというメールもよくいただきます。

誰にも言えないけど、彼と奥さんを離婚させたい。

別れさせ屋というと、ターゲットに異性を近づけて恋愛感情を持たせて離婚させるという想像をされるかもしれませんが必ずしもそうではありません。
当サイトで紹介しているお別れトラップの場合、奥さんに同性のエージェントを近づけて夫(依頼者さんの不倫相手)に対する不満を引き出し、離婚したいという感情に持っていくという方法があります。

とはいえ、見ず知らずの人に夫の話をすることなんてありませんよね?
説明すると数行なのですが、実際やってみようと思うとなかなか簡単なことではないのです。

まずは顔見知りになることから始まる

もちろん、出会い頭に夫や家庭の話を聞くわけではありません。まずは顔見知りになることから始まります。
そこで私たちは常々、「どうすればターゲットと自然な形で接触できるのか」について考えています。
あるスタッフは、電車やレストランなどでの風景をいつも観察しているといいます。
先日はスーパーでドレッシングを落として割ってしまった方と、ドレッシングが服についた方が会話しているのを目撃したようです。
非日常的な光景に思えますが、”実際に会話が生まれていた”ということはこれも一つの接触方法の選択肢になり得るということです。

会社の行き帰りや日常生活のルーティーンの中にちょっとしたハプニング(偶然の出来事)を用意し、ターゲットと自然な形で顔見知りになります。
ターゲットの人間性によっては、その場で連絡先交換ができるかもしれませんが、基本的には何度か顔をあわせるまでこちらから連絡先を聞くということはありません。(一回でも不自然に思われたり、不審に思われると続行が難しくなるので慎重に進めます。)

心の距離を縮めるのは、共通点

エージェントはコミュニケーションのプロですから、一度顔見知りになれれば距離を詰めることはたやすいです。
ですがこれについて分かっているととより確実に進められるという情報があります。

それは、ターゲットの趣味です。

そして趣味の中でもハマっているレベルが深かったり、特定的であればあるほどターゲットとの関係を詰めるのに利用できます。
例えば、趣味が音楽鑑賞ではなく、アーティスト名まで分かっているとより良いです。
実際にあるアーティストのおっかけをしていた奥さんがターゲットのことがあり、エージェントもそのアーティストの曲を聞き込んだり、ファンクラブに入ってから接触に臨んだケースもあります。
エージェントがターゲットと同レベルに詳しくなる必要はありません。「最近ハマりだした」という接点から十分に距離を詰めることができます。

とあるオンラインゲームにはまっていたターゲットの場合では、エージェントも2週間ほどゲームをやり込んでオンラインゲーム内で接触したこともあります。
「エージェントの方ってそこまでするんですね!」というお話をいただくこともあります。
私たちのミッションはすべての情報の中から一番距離を詰められる確率の高いものを選んでお別れトラップのシナリオを作成するので、相手の趣味に合わせることは日常茶飯事です。
相手に合わせた自分を演じると言う意味では、エージェントは俳優や女優に似ているともいえるかもしれません。

趣味が分かっていると尚良いし、分かってなくても問題無い

お別れトラップの成功確率を上げる一つの方法として「趣味」のお話をしました。
でも、趣味についての情報がなくてももちろん問題はありません。その他の情報からターゲットと距離を詰めるシナリオを組み立てることももちろん可能です。一つお伝えしておきたいことは、ご依頼前に無理に奥さんの情報を不倫相手に聞き出そうとするのは止めてください。
些細なきっかけから警戒心を強めてしまうことに繋がりかねません。
何もわかっていないという状況から、奥さんの調査を行ってお別れトラップを仕掛けることももちろん可能です。
まずは、あなたを取り巻く状況、あなたが望んでいることをお話ください。

不倫の悩み電話相談サービス『ANSWERS』

心の声を吐き出そう!不倫相談塾公式LINE@

【大好評】メールで悩みを相談できます。

恋愛マスターがお悩みに答えます。

あなたの不倫×別れさせ工作。その成功率やいかに。