答えはOOOにあり?セフレにならないセックス術 後編

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。

前回更新した「セフレにならないセックス術 前編」。
早速反響があり、やはり肉体関係に関する悩みを持っている方は多いと感じております。
不倫相談塾では、他の人には聞けない肉体関係の悩みを解決できるような記事もお届けしていけたらと考えています。

さて、前回お伝えしたことを要約すると

男性に流されるままに行動してしまうと、自分の意のままに動く相手という認識をされてしまうため、セックスだけの関係に陥りやすい

というお話をしました。

とはいえ、男性は前回話した通り、肉体的充足をセックスに求めているわけですから女性に要求をしていきます。
そのときどんな受け答えをすればセフレにならない付き合い方ができるのでしょうか。

セフレにならないための受け答え

例えばの話をします。
男性から「今からセックスしない」と言われる、もしくはそういう雰囲気になったとします。
でも最近会うたびセックスしているので、今日は避けたいとあなたは思っています。
さて、どんなリアクションをしますか?

やっぱり受け入れる

これは絶対ダメです。
まさに、自分がセックスしたいときにできる女性というイメージを相手に与えてしまいますから。
セフレではなく、気持ちで繋がった関係になるためには、Yesを言ってはいけません。

拒否する

これも、受け入れるよりは良いですが、好ましくはありません。
拒絶されてしまうと、彼の気持ちが少し逸れてしまうかもしれません。
また、あなたへのアプローチが少し弱くなり、二人の間に若干の距離が開いてしまう可能性もあります。

拒否するでも、受け入れるでもない

私たちが考える、体だけの関係にならずでも相手の気を引きつける方法をお伝えします。
それは、”いい感じで濁すこと”です。
拒否するでもなく、前面に受け入れるわけでもない言葉はこれです。

「えぇーー。」

文面だとニュアンスを伝えるのが難しいですが、嫌そうに言うのではなくちょっと含み笑いをしたように言ってください。
そして、そのあと続けるのは、
「今度OOだったらね。」です。

この内容は、「今度改めてね」「休みの日にしようよ」でも構いません。
拒否されたのではなく、タイミングが合わなかったと男性は認識するので「なんで断るんだ!」と思うひとはまずいないでしょう。

そして同時に男性が潜在的に思うこと。

自分の思い通りにはいかない女性だ

これが一番大事なんです。

最後の一手

彼を完全にコントロールするためには、もう一手必要です。
それは、彼が誘ってきたタイミングじゃないときにあなたから誘うのです。
雰囲気を作るだけでも構いません。

一度はやんわりといなした彼の要求を別のタイミングで満たしてあげると「ありがとう」と好意的に受け取られます。
もちろん、彼からそういた要求がないのにあなたからぐいぐい誘うことはよくありません。
「ありがとう」ではなく、「セックスが好きな子なのかな」とか「他の人にもこうなのかな」と男性が一歩引いてしまう原因になります。

同じ行動を取ってもタイミングひとつで相手の受け取り方は大きく変わってくることを頭に入れておいてください。

セフレにならないセックス術まとめ

1、女性は精神的欲求を満たすためにセックスをするが、男性は肉体的欲求を満たすためにセックスをしたがる
2、男性の求めることをただ受け入れてしまうと、簡単にセフレ化してしまう
3、受け入れるでも、拒否するでもなく「可能性を持たせていなす」ことが大切
4、相手の求めた時じゃないタイミングで彼の欲求を満たしてあげる
5、彼の喜びも最大化でき、あなたを”意のままに動く女性”だと思わなくなる

相手の要求を受け入れ続けてしまったきた方へ

現時点で既に彼の求めるまま応えてきてしまったという方が、セフレに近い関係から脱却する方法があります。
私たち別れさせ屋だからこそ伝えられる方法です。
その方法は次回更新します。

【大好評】メールで悩みを相談できます。

恋愛マスターがお悩みに答えます。

2019年9月 恋愛相談カウンセラーランキング

心の声を吐き出そう!不倫相談塾公式LINE@

あなたの不倫×別れさせ工作。その成功率やいかに。