不倫相手の彼とのLINEでやってはいけないことと、私達からの提案

2018年8月6日

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。
普段皆さんが彼と何を使って連絡をとりあっていますか?

殆どの方がLINEを使用していると思います。
中には、LINEを使うと奥さんに見つかりやすいということで、別のアプリを使っている方もいるかもしれません。

LINEをするときに、送ってはいけないこと

これは当サイトのLINE系の記事で度々言っていることですが、

頻繁に絵文字を使うこと

返信には必ず質問を入れる

この二つは良くないので辞めた方がいいです。

頻繁に絵文字を使うことの何がいけないのか

実は頻繁に絵文字を使うことがいけないのではなく、彼とのLINEの温度差が広いことが辞めた方がいい本質的な理由です。
男性で絵文字を頻繁に使う方ってあまりいませんよね。
そして、もし今絵文字を彼が頻繁に使っているとしたら、それはあなたに合わせてくれている可能性があります。
人のテンションやリズム、返信頻度に合わせることほどストレスの溜まることはありません。
会話でも、ゆっくりと話す人がすごく早口な人に合わせてたらちょっと話すのが疲れてくると思います。気づかずにそれを続けてしまうと、彼の連絡を取り合うことへのモチベーションが下がってしまい、返信が来なくなることに繋がるのです。

返信には必ず質問を入れる

実はこの方法は一昔前はいいとされていました。

質問で終えると、やりとりが続くのでオススメですよ、と。

でも今はそんなことはありません。
なぜ変わってきたのか?
それはメールからLINEへの移行が大きな原因です。かつてメールを使っていたとき1日のやり取りの上限は多くても30通ほどだったと思います。殆どの方は10通以下。
その代わり一回一回の返信がとても大事だったので、質問をすることで相手が返しやすくするテクニックも有効でした。
でも今、連絡手段のメインはLINEです。

LINEは一日の頻度がとても多いため、
毎回質問で返されると相手は返信するのが億劫になってしまいます。
LINEでは質問をしないことの方が大事かもしれません。
それはこれからお伝えします。

LINEでのやり取りに必要なのは、ボケとツッコミとほったらかす勇気

まずLINEの役割として知っていて欲しいのは、

LINEの役目は、連絡ツールとくだらないやりとりをするだけのもの

という認識を持っていただきたいです。

連絡ツールとは、
「次いつ会う」とか「どこで会う」などの連絡のやりとりのことです。
そしてもう一つは、くだらないやり取りです。
つまりLINEで彼に対する想いを伝えたり、今の心境などはなるべく伝えない方がいいです。

理由は、相手が返すことにストレスを返してしまうからです。
デートの時に「好き?」と聞かれて「好きだよ」と答えることと、LINEで聞かれるのでは精神的に感じる重さが違います。
彼が自分に対してどういう想いを持っているか不安に思っている人ほどLINEで
「私のこと好き?」
などと投げかけてしまいますが、LINEはあくまでくだらないやり取りをする空間にすぎません。
だから、くだらないことを言ったり、相手のLINEにツッコんだり、そしてたまに放置してみたり。それくらいの軽いやり取りが意外に二人の関係をぐっと親密なものにします。

なぜなら?
奥さんとそんなくだらないやり取りを絶対にしていないからです。
奥さんと彼のLINEは基本的な業務連絡のみでしょう。
だからこそ、”思わずクスッと笑って”返したくなるようなLINEをするべきなのです。

くだらないLINEは意外に難しい!?

当サイトにLINEの相談をしてきた方に上記のことをアドバイスした時にこんな答えが返ってきました。
「私、ふざけるとか苦手で。なんて送っていいか分からないんです。」

確かに彼のことを真剣に考えるあまり、ふざけたLINEを送ることができない方も少なくないだろうという話になりました。
そこで考えたのが、オリジナルLINEスタンプです。
真剣な、彼にとっては少し重いLINEを送りがちな方も軽いトーンでのやり取りができるようなLINEスタンプを作ることになりました。

不倫相談塾プロデュース!オリジナルLINEアカウント作りました!※2018年8月更新

A416DDDC-907B-45DA-AA45-BCBC757E1A76

不倫中の独身女性が

彼に対して重くならずに、LINEで気持ちを伝える方法

を考え、作ったのがオリジナルLINEスタンプ『小悪魔マイコ』です。

使い方や入手方法は、
【記事】ついに!!!不倫相談塾のLINEスタンプが完成しました。
をご覧ください。

不倫相談塾スタッフに電話で相談できるサービス『アンサーズ』

あなたの不倫×別れさせ工作。その成功率やいかに。