別れさせ屋のエース工作員が本気で考える、自分の不倫相手を離婚させるために行うアクション

2019年8月1日

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。

「彼に奥さんと離婚してほしい!」

既婚男性との不倫でお悩み中の女性には、こんな思いをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

今回は、別れさせ屋のエース工作員である水沢に話を聞きました。
もし水沢が不倫していたら、どのようにして彼が離婚するよう働きかけるのか。
別れさせのプロの視点から、リアルに考えてもらいました。

プライベートで実証済み!彼を離婚させる方法

インタビュアー(以下、イ):水沢さんは現在、不倫してますか?

水沢:今はしてないですね。

イ:ということは過去には?

水沢:過去には結構、不倫経験は豊富な方だと思います。

イ:そんな水沢さんに聞きたいです。別れさせのプロである水沢さんがもし不倫していたら、どのようにして彼が離婚するよう働きかけますか?

水沢:それであれば、実際に不倫相手が離婚するところまで行ったことがありますよ。ちょっと企画の趣旨が変わっちゃいますけど。

イ:え!さすがですね(笑)。企画よりもリアルなその話を詳しく教えてください!

大切なのは、自分が主導権を握ること

水沢:不倫を何度も経験してわかったのは、「私が主導権を握れていない関係の時は、彼が離婚を選ぶことはない」ということですね。主導権を握れていない関係というのは、会いたい時も彼発信で、土日は連絡しないとかです。私がいつも待つ側で、彼が主導権を握っていた時は、離婚にならなかったですね。

イ:なるほど。

水沢:離婚した時は、主導権が完全にこっち側にありました。不倫って「自分の要求を言っちゃいけない」というセオリーめいたものがありますが、ガンガンわがままを言っていたときの方が、相手も動いていた気がするんですよ。

イ:相手に振り回されるより、自分が相手を振り回していた方が、「離婚するよ」と言い始めるということですか?

水沢:そうです。これが唯一の正解です!と言うつもりはないですけどね。

イ:それって意識的にやっていたことですか?

水沢:自分の恋愛となると、無意識にやっちゃってることが多いんですよね。工作員としてどうかと思うんですけど(笑)。でも、主導権が向こうにあった不倫ももちろんあって。そういう関係の時は、「結婚しているのに付き合ってくれてる」みたいにどこかで思っていました。だから今不倫している方でも「会ってくれてる」「時間を作ってくれてる」みたいに思っていると、なかなか主導権は握りづらいかもしれませんね。

マインドを変えて彼を依存させる方法

イ:「時間を作ってくれてる」と思っている人は少なくなさそうですね。こういうマインドって、どうやったら変えられますか?

水沢:私も最初にした不倫は、とことん相手に合わせる恋愛だったんですよ。でも「もうこんな恋愛は嫌だ」と思ったら、主導権を握れるようになったんです。主導権を相手に握られる経験をした人は、きっと変われると思うんですよね。

イ:変わるためにはどうしたら良いのでしょうか?

水沢:難しいかもしれないけど、「付き合ってもらってる」から「付き合ってあげてる」へ意識が変わるよう、自分に言い聞かせることが何より大切だと思います。彼から連絡が来た時も「このタイミングを逃したら、次いつ会えるかわからない!」と必死に会おうとするんじゃなくて、放置してみるとか(笑)。

イ:それだと疎遠になってしまいませんか?

水沢:彼と会った時は、正反対のキャラクターになるんですよ。めっちゃ女の子になって、彼をしっかり求めるんです。でも帰り際はさらっとします。「付き合ってあげてる」感覚に戻していくみたいな(笑)。この繰り返しで、男性はだいぶ揺さぶられると思います。

イ:会っている時は求めて、会わない時は求めないと。

水沢:そうですね。これを繰り返していくと、相手がすごく依存してくるようになりますよ。

「離婚して!」実はNGワードじゃないんです

イ:それから離婚へはどうステップを踏んでいきますか?

水沢:主導権がこっちにあると、離婚の話もしやすくなります。「どーすんの?これから」ぐらいな感じで言っていました(笑)。主導権が向こうにあると、この発言もお願いみたいな感じになっちゃいますよね。でも主導権がこちらにあると、「私もずっとこんな関係を続けるつもりないから、今年一杯で決めよう?」と、自分の考えを伝えやすくなるんですよ。

イ:なるほど!主導権を握ると、離婚についても話しやすくなるんですね。

水沢:離婚させるにはある意味「オラオラ系」であることが必要なのかもしれません。実際にそういう口調で話すわけではないですけどね。お願いして離婚へ動く人は、あまりいないと思うんです。オラオラ系だけど、会ったら甲斐甲斐しくご飯を作ったりもするし、すごく楽しませることも考えるし。ひたすらギャップで揺さぶる感じですね(笑)。そんな関係を続けていたら、元彼も「嫁に話してみる」とか、「●●までに離婚する」とか、自分から話し始めました。

イ:「離婚して」はNGワードではないということがわかりました。

水沢:やっぱり彼を離婚へ動かすためには、彼自身をそのことに向き合わせないといけないですからね。だから「離婚して」はNGワードじゃなくて、「どんな関係性の時に言うのか」が大事なんだと思います。関係性によっては、言っちゃいけない場合もあると思うし。不倫で悩まれている方には、まずは「付き合ってあげてる」マインドを身につけてほしいと思います!

イ:水沢さん、リアルなアドバイスをありがとうございました!

彼に離婚を選ばせるには、不倫の主導権を握ることが重要でした。有料電話相談サービスのアンサーズでも水沢に相談することができます。彼をリードする具体的な方法が知りたい方は、是非アンサーズへお電話ください!あなたにぴったり合ったアクションを、経験豊富なカウンセラーが親身にアドバイスいたします。

【大好評につき夏休みキャンペーン期間延長】8月末まで1000円OFF!

恋愛マスターがお悩みに答えます。

2019年7月 恋愛相談カウンセラーランキング

あなたの不倫×別れさせ工作。その成功率やいかに。

未分類

Posted by ohashi