不倫している人のお悩み共有広場

不倫相談塾

彼からのLINEが来ないことをストレスに感じない方法!

2022年5月7日


彼との悩みで最も多いのは”連絡”に関するコト。

その中でもLINEにまつわるご相談が多いです。



今回は、「なんで男は自分からLINEしないの!!」という不満を持つ方に新たな考え方を提案したいと思います!



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



「彼が自分から全然LINEしてくれない…」

次に考えてしまうことは、

「もしかして気持ちが冷めた?」

ではないでしょうか。




実はこの状態、あなたの彼に限ったことではありません。

不倫する男性の多くによく見られることなのです。

なぜ彼はLINEをすぐ返さないor自分から送らないのか。

身も蓋もない話をすると男ってそんなものなんです。

ですから、考え方を切り替えて皆さんがもっと彼との日々を楽しめる方法を考えました。


日々の情報交換=彼との関係が良くなる訳ではない。



まず最初に、お伝えしておくと

LINEの頻度と彼との関係性は比例しません。

もっというと、LINEの頻度と男性の愛情の量は比例しないのです。

「彼からLINEがあまり返ってこないのですが、どうしたら返信してくれるようになりますか?」

という相談これまで本当にたくさん受けてきました。

この相談を言い換えると

「LINEが返ってくる状況=関係が改善している」ということになりますよね。

ですが私たちはそう考えていません。

返信が来るからといって彼との関係が良くなっているという訳ではありません。

例えば、

「LINEを返してくれないから寂しい!もっとこまめに返して!」

「わかったよ。」

というやりとりがあり、その後彼からのLINE頻度が上がったとします。


女性にとって安心には繋がると思いますが、日常的(半ば義務的)な報告LINEを繰り返すことに男性はさらにうんざりしてしまうかもしれません。

LINE=連絡手段と捉えない



そもそもLINEをなんの目的とおくかによって実は皆さんが感じるストレスは大きく変わります。


例え話をします。

皆さん手紙のやり取りって最近あまりしないですよね?

私にとって手紙=連絡手段ではなく普段伝えていない特別な気持ち(感謝だったり愛情)を伝える手段です。



ですから、年一回でも頻度が少ないとは思わないですし、むしろたま〜にもらう手紙にすごく愛を感じます。



何が言いたいかというと、

LINEを日常的な連絡手段と捉えてしまうから、日々のやり取りの頻度が気になってしまうのです。

LINEに違う役割を与えてあげれば、あなたが感じるストレスだったり彼への不満がちょっと解消するかもしれません。


LINEの新たな役割って?




例えばあなたの中で「LINEは彼の日々のストレスを軽減してあげる装置」と決めたとします。



だから、彼から返信あるかどうかはどうでもよくて、ひたすら彼の仕事や家庭のストレスを楽にしてあげるような”おバカ”なことを言ってあげるものと捉えられたら、ちょっと楽しくなりそうじゃないですか?



ちなみに私は、相手がちょっと疲れているな〜という時ほど、脈絡のないおバカLINEを心掛けています。

ずっと続けてるので、たまにサボると「なんか最近普通じゃん」と言われるようになりました笑



本当に仕事で切羽詰まっているときは返ってきませんが、忙しい中でも「ふっ」と笑ってくれてたらいいなくらいで何も気にしません。



どんな役割を与えてもいいですが、約束事としては『彼の返信を前提にしない』ということです。



なんで男はLINEを返さないのか!という不満には「男ってそういうもの」くらいで考えておいて、新たなLINEの役割を考えてみてください!



それでもやっぱり不満やストレスが溜まってどうしようもないときは・・・不倫相談塾で吐き出してください!!

不倫相談塾
FS HIROBAは不倫関係に悩む女性のためのコミュニティーサイトです。
様々なコンテンツをご用意しております。無料会員登録でさらに充実したコンテンツが利用可能です。
いつもん
★カウンセラーのボイスが聞けるモン♪★ ご相談前にカウンセラーのボイスが聞けるようになったモン♪お話する雰囲気がより分かるモン!好きなお声の先生を探してみるモン!(プロフィールページの再生ボタンで音声が流れます)

★ラジオ新作続々登場★ Fラジオで青山先生・宮永先生の新番組が始まったモン!それぞれ男性心理・心理学視点に特化した番組だモン!→詳細はコチラ♪