別れさせ屋が失敗するパターン2

2015年5月6日

前回から、私たち別れさせ屋が様々な依頼を受ける中で見てきた失敗例を分類して、解説していきます。

前回は、依頼者様の金銭的事情で依頼続行が難しくなった場合と別れさせ屋が工作に失敗する場合について書きました。
今回は、
3、依頼者様の行動
4、依頼者様の精神事情
から失敗するケースについて書きます。

3、依頼者様の行動

これは失敗する上でかなり多い理由かも知れません。
依頼前と依頼後で依頼者様の立ち振る舞いが変わってしまうパターンです。
私たちが契約時に必ず伝えることが2つあります。
一つ目は、普段と変わりなく生活すること
二つ目は、私たちの情報が分かる証拠(名刺や契約書)を絶対に対象者やその周りの人間の目に触れさせないこと
です。
この問題が起こってしまうケースとしては、依頼者様と対象者が同僚など同じ空間にいることが多い場合に起こります。
私たちに提供する情報を沢山集めようとして、対象者に普段聞かないこと聞いてしまい怪しまれることも今までにありました。
本当に有益な情報を得られる可能性もありますが、リスクの方が大きいのでやめてください
もし、疑われてしまったら私たちの調査や別れさせ工作が続行不可能になります。
そして、契約書や名刺なども見られないように気をつけましょう。
見つかれば一発アウトです。本人ではなくても、その友人などに見つかってもかなりの確率で本人の耳に入ると思ってください。
そんなへましないよと思っていても、今までの別れさせ屋をやってきた中で何件か起こってしまいましたので、
本当に心配だと言う方は、名刺や契約書を依頼終了までお預かりすることも出来ます。

4、依頼者様の精神事情
次のケースは、依頼者様の気持ちが変わってしまうというケースです。
実はこのケースも結構多いんですよ。依頼前は、絶対別れさせたい!とか、よりを戻したい!とお思いの方でも、
調査・工作を進めるうちに対象者の新たな一面を見ることで依頼を続ける意味を見いだせなくなってしまって依頼を終了させるというケースはあります。ですので、別れさせ屋への依頼を考えている方は本当に気持ちが揺るがないか考えてみてください。
もっとも、調査や工作を進めてみないと見えないこともありますから、それで気持ちが冷めて依頼を終了させることは失敗というより依頼者様にとって前進ともいえると思います。

以上、私たち別れさせ屋が依頼を受ける中で、失敗に繋がるパターン2をお伝えしました。
このポイントを意識して依頼するだけでも失敗のリスクを下げられるので頭に入れておきましょう。

では、別れさせ屋に質問したいことがある方は、
下記コメント欄からお気軽にお問い合わせ下さい。
(コメントは投稿されることはありませんのでご安心ください。)

(次回に続きます)

別れさせ屋へのご依頼をご検討の方は一度私たちにご連絡してみて下さい。
お電話であなたのケースをどのように進められるかお伝えいたします。
アクアグローバルサポート公式ホームページ

電話不倫相談サービス『ANSWERS』初回利用の方限定キャンペーン!

【大好評】メールで悩みを相談できます。

恋愛マスターがお悩みに答えます。

2019年9月 恋愛相談カウンセラーランキング

心の声を吐き出そう!不倫相談塾公式LINE@

あなたの不倫×別れさせ工作。その成功率やいかに。