不倫相手との2018年夏~秋のおすすめデートコース

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。
8月も下旬にさしかかりました。お盆休みも明けると厳しい暑さも落ち着き、少しずつ夏の終わりが近づいてくるのを実感しますね。
さて、今回はそんな夏の終わりから秋にかけてオススメしたいデートのアイディアを5つご紹介します。

1.2人でBBQをする

BBQ バーベキュー

BBQといえば大勢集まった時に楽しむアウトドアだと思っていませんか?

2人BBQには、皆でワイワイするBBQとはまた違った楽しみ方があるんですよ。

いろんな役割分担をして行うBBQとは違い、2人でBBQをすると「しっかり料理をしている感」が味わえます。

2人で食材を切ったり焼いたりする機会は案外ないので楽しいと思いますよ。

また、BBQのような場では作業を手伝ってくれる男性がほとんどです。

そのため、うまく甘えることで女性らしさを見せることもできます。

2.手持ち花火で遊ぶ

手持ち花火 線香花火

花火大会へお出かけした方も多いかもしれませんが、見るだけではなく実際に手持ち花火で遊ぶのも一興です。

ただし、気合いを入れて「この日に河川敷に行って手持ち花火をしよう!」と決めるのではなく、突然思いつきで「ちょっとやってみようよ」というぐあいで提案する方が良いでしょう。

というのも、事前に「花火やろうよ」と言ってしまうと男性はあんまり乗ってくれないことが多いためです。

手持ち花火をするとやはり誰もが無邪気になれるので、いつもとは違う可愛らしい彼の一面を覗けるかもしれません。

あなたもちょっとふざけてキャッキャと楽しんでみると、思い出に残る夜になるかもしれませんよ。

3.一緒に読書をする

読書 カフェ

秋といえば読書の秋ですよね。

ベタですが、喫茶店やブックカフェにお出かけして二人で本を読んで過ごす時間も良いものです。

「読書してる間は会話ができないから、わざわざデートで読書しなくてもいいんじゃない?」と不思議に思うかもしれません。

しかし、「二人一緒にいても互いが思い思いの時間を過ごせる」という関係はとても気持ちがリラックスできます。

たまには二人でゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

4.ちょっとした散歩をする

下町 道端 散歩

秋口の気持ちのいい気候で散歩をするのはとても気持ちが良いです。

ぜひ「ぶらぶらしに行こう」ではなく「お散歩行こう」と誘ってみてください。

散歩をしない人は多いのできっと新鮮に感じますし、「やだよ」という人もなかなかいません。

「散歩って何?」とちょっと笑いながら答えてくれるかもしれません。

明確な目的を持たないで普段いかないような下町を歩いてみると、新しい発見があるかもしれません。

何もないような街で二人で何かを見つけられると、何気ないお散歩も良い思い出になります。

5.オーケストラの演奏を聴く

f689107049f2ed001e97e0d3c60467b4_s

芸術の秋らしく、オーケストラの演奏を聴きにいくのも大人らしいデートです。

もし二人が普段聴かないようであればおすすめです。

デートで大事なことは「新たな発見」がありそうかどうか、ということです。

新しいことに二人で触れると、その発見は「二人の共有物」になります。

また、どちらか片方の趣味や興味のあるものに一緒に触れてみたことで二人ともハマればそれも共通の趣味になり、関係が深まります。

【大好評につき夏休みキャンペーン期間延長】8月末まで1000円OFF!

恋愛マスターがお悩みに答えます。

2019年7月 恋愛相談カウンセラーランキング

あなたの不倫×別れさせ工作。その成功率やいかに。