彼とのLINE頻度を増やしたい…あなたはNG行動を行ってない?

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。
GWも最終日となりました。
去年よりは休みが少なかったとはいえ、自粛の毎日では長く感じたという方が多いのではないでしょうか。

このGW期間は不倫相談塾が運営するLINEアカウント『Fu:LINE塾
Fu:LINE塾の紹介記事はこちら
にも不倫に悩む女性の心の叫びがいつも以上に多く届けられました。

みなさんコロナ自粛で、彼が家族と一緒にいるため思うように連絡が取れないことでストレスが溜まっているようです。

今回は、彼と思うようにLINEができないという方に向けた記事をお届けしたいと思います。

彼とのLINEに関する悩みは大きく3つある。

彼とのLINEに関する悩みを分けると3つに分類することができます。

1、彼発信のLINEがこない

2、そもそも返事がない

3、彼とのLINE頻度が少ない

です。
上記の悩みはどんな行動が引き起こしているでしょうか?
状況別に分析してみたいと思います。

1、彼発信のLINEがこない 原因分析

□自分から連絡しない=冷めてきていると感じてしまう。
□彼からの連絡がないと追いLINEをしてしまう。
□毎日LINEすることを二人の決め事にしている。

彼からのLINEが来なくなってしまう方を分析するとこのような行動や考え方をしている方が多いです。
愛情表現の場としてLINEを重要視しすぎており、あなたから発信しすぎてしまっているのです。彼の愛情の大きさに関わらず、あなたが主体的に行動すればするほど相手は受け身体質になります。
あなたが行動しないということが、彼の能動性を引き出すことにつながります。

2、そもそも返事がない 原因分析

□送るLINEの内容を考え過ぎてしまう。
□自分の辛い感情をLINEで伝えてしまう。
□LINEの中でふざけることができない。

そもそも彼からLINEの返事がない方を分析するとこのような行動や考え方をしている方が多いです。真面目すぎるが故に重くなってしまったり、何気ない会話のつもりが”返しづらいLINE”になってしまっているのです。
こういった状況ではLINEはあくまでたわいもない話をする場と思い込む必要があります。たわいもない会話であれば、相手が相槌を打たなくてもそこまで気にならないですよね。
伝えたい真面目なことは会った時に伝えるようにしましょう。

3、彼とのLINE頻度が少ない

□質問するLINEをよく送っている。
□連絡がないとついつい彼のSNSのログイン状況・投稿状況をチェックしてしまう。
□楽しいと思うことより辛いと思うことの方が増えた。

彼とのLINE頻度が少ないと感じている方を分析するとこのような行動や考え方をしている方が多いです。
LINEの頻度が少ないと感じる方は”付き合った当初”と比べている女性が多いです。まず知って欲しいのは、付き合った当初からLINEの頻度が減るのは、ほぼ全カップル共通であるということです。
そして、LINEの頻度=愛情の量ではないということです。(特に男性にとっては)
それを分からず、返信させようと質問LINEばかり送ったり、彼の動向を把握するような行動をすると、彼に息苦しさを与えますし、自分で自分の精神状況を追い込んでしまいます。
LINE頻度が少なくても、会った時仲良くできているのであれば問題ありません。男性にとってのLINEのプライオリティはそんなものです。

実際に彼とのLINEの悩みを解決するには

ここまでで、今のLINEの悩みを引き起こしている原因について考えてみました。
これらの状況を打破するための実践型ワークを用意しました。

その実践型ワークは、不倫相談塾が7月にリリース予定の会員制コミュニティにて実践することができます。
実践できるだけではなく、私たちが運営する有料電話相談サービス『アンサーズ』のカウンセラーからコメントをもらったり、会員同士(匿名)でコメントし合うこともできます。

不倫の悩みを共有し、改善に向けて正しく努力できる環境がなかったので、私たちが不倫相談塾オンラインサロン(仮名称)を立ち上げることにいたしました。

構想約1年、そして半年ほどかけてワークを用意してきましたので、是非リリースした際はご参加ください。
会員の方全員の状況が前に進むことを目指した日本で唯一のコミュニティを作ります。




不倫の悩み電話相談サービス『ANSWERS』

心の声を吐き出そう!不倫相談塾公式LINE@

【大好評】メールで悩みを相談できます。

恋愛マスターがお悩みに答えます。

あなたの不倫×別れさせ工作。その成功率やいかに。