「いけてないLINEにアクアグローバルサポート代表藤木と工作員水沢がダメ出しをしました

これから紹介するLINEのやりとりは架空のものです。不倫相談塾編集部で、典型的な盛り上がらない不倫カップルのLINEを再現してもらいました。

それに対してアクアグローバルサポート代表藤木と工作員水沢にコメントしてもらいました。百戦錬磨のお二人のコメント、辛口御免です!

藤木:これはコメントする気も失せるダメLINEだね。不倫相談塾のユーザーにはこんなLINEを送って欲しくないと切に願いますよ。

水沢:やたら激励する女性いるじゃないですか。甲斐甲斐しくというか。あれって実は男性からすると嬉しくないでしょ?

藤木:全く嬉しくないよね。失礼な話何も感じないかも。目的を持たないで漠然と送るからそうなってしまうんだよね。

水沢:確かに受け取る側としてはしんどいよね。「無理しないでね」は「あなたのことを気遣って心配しています」のアピールでしかないんですよね。こんなことを言える私という感じで、自己満足というかベクトルが自分に向いてしまってる。

藤木:男はもちろんそういうのが分かるから「どうでもいい」スイッチが入っちゃう。男って「目的がよくわからないLINE」と「自分に委ねるLINE」はイラっとすると思う。

水沢:委ねるLINEってどういうことですか?

藤木:「会いたいなぁ」みたいな。次に続く「会おうよ」を言ってほしいという気持ちが見え隠れしている感じ。

水沢:様子を伺いながらの駆け引き的なLINEには、気持ちを削がれる男性は多いですよね。

藤木:「会おうよ」って言われたら、男も「会おう」となるわけで。

水沢:そもそもこのLINEには笑いがないですよね。不倫相談塾ではいつも言ってることだけど。やりとりしてて楽しくないLINEはダメです。

藤木:絵文字を使ってるけど、すごい淡々とした内容だよね。むしろ絵文字のないLINEぐらいの方がお互い本音な感じがするし、見た目は冷めてるようでも意味のあるやりとりができると思うよ。

水沢:あと、最後の方で「電話してもいい?」って言ってるけど、何のための電話か言ってないから気持ち悪さが残りますよね。これも「会おうよ」と一緒で、「声聞きたい」と最初から素直に言っていたら、飲み会があったとしても「後で電話するわ」で終われたかもしれないのに。「何時でもいいから電話して」っていうのも、相手に合わせすぎてて彼との関係性で絶対自分が下になっちゃうからやめた方がいいと思います。

藤木:止まらないね。笑

水沢:想像上のLINEだけど、この人に本気でアドバイスしたくなってます。笑

藤木:男性がワクワクできるようなLINEを送れる女性になってほしいよね。

水沢:男性が面白いと思うツボを本当に知ってほしい!それは決して女性的なやりとりじゃないことも知ってほしい。時に男性口調になったりスカしたりしてみるとすごく楽しくなるから。

藤木:彼が喜ぶLINEでボケるテクニックは水沢さんに相談してもらいたいね!

水沢:アンサーズで是非お待ちしています!!!

不倫の悩み電話相談サービス『ANSWERS』で5,000円分キャンペーン中!

心の声を吐き出そう!不倫相談塾公式LINE@

【大好評】メールで悩みを相談できます。

恋愛マスターがお悩みに答えます。

あなたの不倫×別れさせ工作。その成功率やいかに。

未分類

Posted by ohashi