【秘技】不倫相手から(家族や会社に)バラすと脅された時のスッキリとした別れ方

2015年9月4日

こんにちは、アクアグローバルサポートです。
先日、別れさせ屋が教える”不倫をキレイに終わらせる方法”を更新した所、かなりの反響をいただきました。

ご相談の内容としては、
「自分の奥さんが薄々感づいている気がする」というものや「不倫相手の旦那が不倫に気づいている」など色んな立場の方からご相談をいただきました。

その中で気になったご相談があります。
「3年続けた不倫を解消しようと、相手に別れを切り出しました。そうしたら、別れるなら、家族にバラすと言われてしまいました。それ以来家族にバラされるんじゃないかと別れ話をできずにいます。」
恐らく、この相談者さんの“家族の所に戻ろうというオーラ”が不倫相手に伝わってしまったのでしょう。

もう少し早く私たちの記事を読んでいただけたら、ここまで泥沼になっていなかったのかもしれませんが、
たらればを言っていてもしょうがありません。

本日は、不倫相手に家族や会社にバラすと追い込まれたときのスッキリとした別れ方を伝授します。
《あわせて読みたい》
不倫を相手の妻にバラしてしまった女性の結末
不倫相手(既婚者)が離婚して、私と結婚してくれた話

不倫相手から(家族や会社に)バラすと脅された時のスッキリとした別れ方

STEP1 誰にも好意がないことを伝える

まず前提として、不倫相手はあなたが家族のところに戻りたがっていると思っていますよね。
だから、「家族にバラす」というラストカードを切ってきているんです。
あなたがやるべきことはこのラストカードを無力化することなのです。
つまり、「君にも奥さんにも興味がなくなったので別れる」ということを伝えましょう。
不倫相手は虚をつかれることだと思います。
家族のところに戻るために別れると思っていたのに、原因が自分自身にあったと気づく訳ですから。
相手が別れを受け入れようがいれまいが、あなたのこの気持ちを伝えられたらSTEP1は終了です。

※STEP1は、あなたに相当な覚悟がないと相手に見破られてしまいます。
どのくらいの覚悟が必要かというと、不倫相手が「奥さんに連絡する」と言ってきたとしても「別に戻る気はないから勝手にして」といえるかどうかです。
あなたがそこまで言い切れて初めて、不倫相手も「君にも奥さんにも興味がなくなったので別れる」ということを本気で受け止め始めるでしょう。

STEP2 徐々に距離をとり始める

今回の別れ方の一番の山場はSTEP1だといっても過言ではありません。
STEP2は前回、不倫をスッキリと終わらせる方法でもお伝えした行程です。
徐々に相手との距離を空けていきましょう。
電話やメールの返事の割合や内容を少しずつ減らしていくのです。
ここで不倫相手からの反応は2タイプに別れます。
1つ目は、相手からも連絡が減り、自然に距離が離れていくタイプです。
あなたがSTEP1で突き放したことで気持ちが折れたパターンです。
2つ目は、今まで以上にあなたに執着して連絡頻度が上がるタイプです。
残念ながら、後者の方が私たちの経験上多いですね。
では、不倫相手が執着してきた時の次なる一手をお伝えします。

STEP3 慰謝料の現実を突きつける

ここで久しぶりにあなたから連絡を取ります。
そして、「奥さんが不倫に感づいているようだ。このままバレてしまうと君に数百万円の慰謝料請求がいってしまう」と伝えるのです。
「奥さんにバラしてやる」と不倫相手がヒステリックになっている時は、大体現実が見えていないことが多いですが、現実的に慰謝料の話をされると大抵の方はびびってしまいます。
例え慰謝料を払ったとしても、相手が自分のものになるならいいのですが、STEP1で自分に対して気がなくなったことは分かっている。
つまり「相手も手に入らないし、数百万円の借金を負う」可能性が不倫相手に突きつけられるのです。
ここまでで、大抵の方は心が折れてしまいます。
あるターゲットは、それから探偵に尾けられていると感じるようでキョロキョロするようになりました。
ですが、ごく一部にこの段階からでも我を失い逆上するタイプがいます。
その場合は、次のSTEPに移りましょう。

STEP4 すべては俺に責任がある

ここまで来ても、別れに応じない不倫相手には、優しく全ての可能性を奪ってあげる必要があります。
「不倫をして慰謝料請求されるのは、俺の責任だ。だから、たとえ奥さんにバレたとしても俺が慰謝料を払う。ただ、君にも奥さんにも興味を持てなくなったからどちらとも関係を続けることはできない。」
と伝えましょう。自分に責任があるといいながら、STEP1のようにもう一度優しく突き放す。
ここまで伝えれば、不倫相手も家族に戻ることが別れる原因だとは思わなくなり、あなたとの関係の継続を諦めるでしょう。

今回お伝えした別れ方は実際に私たちが採用したシナリオであり、この方法で不倫相手と別れられなかったケースはありません。
(今日書ききれなかった細かなやりとりはありますが。)
もし不倫相手との関係が泥沼化し、家族にバラされるんじゃないかとひやひやしている方がいれば実践してみてください。

個別の状況によっても対処法は少しずつ変わってくるので、
下記のフォームから相談頂ければプロの目線で具体的な方法をアドバイスできますよ。
(料金が掛かることはありませんからご安心ください。)

また、ご自身では解決できる自信がないという方や、プロに解決を全て任せたいという方は
私たちアクアグローバルサポートのお問合せ窓口までご連絡ください。

総合相談窓口/0120-89-2645(10時~22時 365日受付)
女性専用窓口/0120-56-8480(平日10時~19時迄受付)

不倫のプロが集結!有料電話相談サービス『ANSWERS』