離婚してでも一緒になりたい女になるために必要な考え方

別れさせ屋のアクアグローバルサポートです。

既婚男性との不倫でお悩み中の女性には「彼には奥さんと離婚して私と一緒になってほしい」と願っている方が多いのではないかと思います。

では、彼にとって「離婚してでも一緒になりたい女」とは一体どんな女性なのでしょうか?

離婚して不倫相手を選ぶ男性の共通点

そもそも不倫相談塾に相談された女性の不倫相手で、離婚を選んだ男性には特徴があります。それは「彼が相談者様に依存している状態にあった」ということです。

つまり彼の相談者様への精神的な依存度が高くないと、彼は奥さんとの離婚を考え始めないのです。

依存といっても「女性に依存している状態」というよりも、「彼が大事にしていることにおいて、その女性がいなければ先々を考えられない」という依存状態です。この2つは似ているようで微妙に違います。

そして彼が何を大事にしているかは、その人の人生の優先順位によって異なります。男性によっては「仕事」だったり、「愛されることそのもの」という人もいます。

彼が生きていく上で大事にしたいことが家庭では満たされていないと感じていて、不倫相手にそれがあると感じた時、これまで大事にしてきたもの(子供など)すらお構いなしに、離婚へと踏み切るのです。

自分を選んでほしいなら今すぐ始めたい2つのこと

そこで大事なことは、彼が一番大事にしていることや価値観において「あなたがいなくてはいけない」と思わせることです。

彼が奥さんと離婚してでも一緒になりたいと思う女性になるためには、

1、彼が一番大切にしていることを知る
2、その分野で、あなたなしには前に進めないという状況を作る

この2つを行うことで、彼には奥さんと離婚するという選択肢が見えてくるのです。

「あなたなしではいられない!」離婚を選んだ実際のケース

例えば過去に、セックスが理由で離婚を選択した男性がいました。

その男性は持病があり、もともとセックスができない状況にありました。しかし持病が和らいだタイミングで不倫相手の女性に出会い、再びセックスできるようになった喜びもあって、女性に深く依存するようになりました。そして、奥さんや子供とではなくその女性と生きていくことを決めました。

セックスによって男性を離婚させるというのは全くもって一般的な方法ではないと思いますが、その男性の中でセックスの優先順位が高かった、何ものにも代え難かったために、離婚を選んだのでしょう。もし持病がなかったらこういった価値観にはなっておらず、セックスが理由で離婚することもなかったと思います。

彼が満たされていない部分、知っていますか?

大事なことは、あなたが彼の中に「痛みを伴ってでも選んでしまう、彼の中の譲れないもの」を見出すことです。そしてそれを全力で満たすことが、不倫女性が一点突破する道と言えます。

ですので「なんとなく料理してあげる」「マッサージしてあげる」「彼に優しくする」というように満遍なく彼のためにと行動するよりも、「彼が満たされたいのに家庭では満たされていないこと」に耳を傾けることがとても大切なのです。

とはいえ、いきなり彼に「あなたが一番大切にしていることは何?」とは聞きづらいですし、彼自身が認識していない場合も大いにあると思います。

これが離婚してでも一緒になりたい女への近道!

今まで多くの相談者様のケースを見てきた中で、男性が重きを置くものには以下のパターンがあります。

1、誰かに必要とされること
2、新しい人との繋がり
3、男性として認められること

これらには共通点があります。人間は本来「人間関係に対する満足」が人生の優先順位のうち最も高いことが多いのです。これらは仕事やお金では満たされない部分です。そして家庭でも満たされないために、不倫をしているわけです。

「彼が家庭では満たされていない人間関係の欲求は何だろう?」

この観点を持ちながら、彼と接してみてください。そこにこそ、あなたが彼にとって「離婚してでも一緒になりたい女」になるためのヒントが隠されているのです。

【大好評】メールで悩みを相談できます。

恋愛マスターがお悩みに答えます。

2019年9月 恋愛相談カウンセラーランキング

心の声を吐き出そう!不倫相談塾公式LINE@

あなたの不倫×別れさせ工作。その成功率やいかに。